Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック

トラックバック URL
http://kodomobouhan.blog24.fc2.com/tb.php/10-9f1e48f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子供の防犯と親子のコミュニケーション

子供の防犯では親子のコミュニケーションがとても大切です。
日頃から子供の話に耳を傾け、何でも話し合える関係を築いておくことは、万が一子供が犯罪被害に遭ってしまった時にも子供の精神的な支えとなります。
学校や地域で行われている防犯教育とは別に、家庭で行う防犯教育は親子のコミュニケーションに効果的です。
親子で通学路を歩いて危険な場所を確認し合い、危険な目に遭いそうになった時の行動を教えて実践したことは、大きくなっても子供の心に残るでしょう。
また親子間によい関係が築かれていれば、家庭で決めた約束事を子供が安易に破ることはないものです。
また、犯罪被害に遭った場合にも小中学生になると親に話さない子供がいます。
窃盗やわいせつ行為などは表面に出にくい上に親に話にくい内容です。
また被害に精神的なショックを受けて声に出せないでいることもあります。
親に自分の行動を怒られるのではないかと恐れて話さない場合もあります。
もしかしたら犯罪者に「親に言ってはいけない」と脅迫されている可能性もあります。
そんな時に親が異変に気付かなければ、子供が一人で苦しみ、泣き寝入りに終わってしまいます。
日頃から親子のコミュニケーションを大切にしていれば、例え子供が犯罪被害に遭っても自分で立ち直る原動力となるのです。
子供の様子がいつもと違う時、親に求められる態度は優しく声を掛けてあげることです。
そして何らかの犯罪被害に遭ったのならば早めに心理カウンセラーに相談し、深刻な精神障害になることを防ぐことが大切です。

トラックバック

トラックバック URL
http://kodomobouhan.blog24.fc2.com/tb.php/10-9f1e48f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。