Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック

トラックバック URL
http://kodomobouhan.blog24.fc2.com/tb.php/5-388a7fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子供の防犯といかのおすし

子供の防犯のために大切な約束事は「いかのおすし」と覚えさせることがお勧めです。
「いかのおすし」の「いか」は「知らない人についていかない」の「いか」です。
ここで大切なのは「知らない人」の区別をしっかり教えておくことです。
例えば「母親の知り合い」と名乗る人や、「顔見知りのお兄さん」には子供も油断してしまいます。
「知らない人」を具体的に教え、例え知っている人でも親の許可なしでついていかないことが基本的な防犯です。
「の」は「車に乗らない」という約束です。
車に乗ると命に関わる犯罪の危険性が高まります。
犯罪者は道を尋ねたり、親の知りあいを装ったりして言葉巧みに子供を誘います。
無理やり乗せられることもあるため、声を掛けられても決して車には近づかないことが大切です。
次に「お」は「大声を出す」という約束です。
相手が怖いとか怪しいと思った時にはとにかく大声を出します。
それは周りに助けを求めることにもなり、不審者は驚いて立ち去るでしょう。
日頃から家庭で大声を出す練習をするといざという時に役立ちます。
家庭では布団をかぶって練習するとよいでしょう。
次の「す」は「すぐ逃げる」という約束です。
相手の態度がおかしいと感じたらすぐに逃げることです。
ひたすら走り、子供110番の家やコンビニなど安全な場所へ逃げ込むことが大切です。
最後に「し」は「大人に知らせる」という約束です。
不審者を見かけた、実際に犯罪に遭ってしまった時には、まず親や学校の先生などに話すことです。
犯罪者の口止めには従う必要はないことを前もって教えておきましょう。

トラックバック

トラックバック URL
http://kodomobouhan.blog24.fc2.com/tb.php/5-388a7fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。