Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック

トラックバック URL
http://kodomobouhan.blog24.fc2.com/tb.php/7-98226147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子供の防犯と有害サイト

現在、子供向けの携帯電話が各携帯電話会社から次々と発売されています。
防犯のために購入する親も増え、今後さらに広がっていくことが予測されています。
そこで社会問題となっているのが有害サイトです。
有害サイトとは出会い系サイト、児童ポルノサイト、自殺指南サイト、麻薬を販売するサイトなどの他、子どもの教育上有害だと考えられるサイトです。
この有害サイトは子供向け携帯電話から簡単にアクセスすることができ、これまでにも有害サイトが発端となった事件や犯罪が多く発生しています。
中には子供の命に関わる重大な犯罪に至るケースもあります。
子供の防犯のために持たせている携帯電話が、子供にとってはインターネット端末として利用され、防犯どころか危険を招いているということが少なくないのです。
携帯電話を持たせる場合には家庭で使用目的や限度などの約束事を決め、しっかり守らせることが大切です。
有害サイトは携帯電話のサービスによって制限することができますが、追加サービスであるため十分活用されていないのが現状です。
危険な誘惑が多い今日、何事も子供任せにするだけではなく、親がある程度は制限を設けることも必要です。
最近では「学校裏サイト」というものが広がっています。
これは学校に通う子供達の情報交換が目的とされているサイトですが、実際には子供や教師の実名を挙げた誹謗中傷も多くみられ、対象となった子供は大きな傷を負っています。
エスカレートすると犯罪にまで至ることもあり、また大人が把握しにくいことからも社会的な問題となっています。

トラックバック

トラックバック URL
http://kodomobouhan.blog24.fc2.com/tb.php/7-98226147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。